求道の日々

求道の日々~支えてくれる存在

「わたしはどこに向かっているんだろう」
「何のためにこんなに頑張っているんだろう」

深い自己探求が始まった

それは果てしなく長い旅で
結局10年くらいこの深い悩みは続いた

これがわたしの余分な何かを削る大切な期間だったと
あとから知ることになる

これがなかったら、今の私はない

不思議なもので、ひたむきに頑張っていると
差し伸べられる愛の手

「力になりたいんだ」

魅力なんて微塵もない
子育てと仕事で疲弊しきっていたわたしを救ってくれた人

一番大変な時に味方になって寄り添ってくれた
とにかく与え、支え続けてくれた

彼に気を配る余裕もなく
髪振り乱して働いて目の前のことだけに専念しているわたしに
文句ひとつ言わず、愛を注ぎ続けてくれた

現在の夫
子供をさずかった

次女のお父さん

彼がいなかったら

今の私はない

深い感謝を

NEXT:「夏祭りの奇跡」

【目次】
0:Yogaに出会うまで・・・わたしにとってのYoga
1:学生まで・・・
2:挫折の連続
3:求道の日々
4:夏祭りの奇跡
5:震災と仕事
6:私が私でいられる日々